シンボルツリーで定番のシマトネリコ

シンボルツリーを玄関に植えることで自宅の雰囲気を演出したり、外からの視線を遮る効果も期待できます。
そんなシンボルツリーで人気のシマトネリコについて紹介します。

シマトネリコとは

シマトネリコは、涼やかな樹形が特徴の常緑~半常緑の高木です。

地植えにするととても大きくなります。
自宅の雰囲気を演出のが目的なのに、大きくなりすぎてカッコ悪くしてしまわないように、管理してあげてくださいね。
管理といっても、年に1度剪定をしてあげればOKです。

観葉植物の多くは寒さに弱く、冬の寒さで枯らしてしまいます。
シマトネリコは寒さに強く日本の気候に適しています。

冬の間にも葉が茂っていることができるので、シンボルツリーには良いですよね。

シマトネリコの育て方

シマトネリコを庭木として植栽する場合は、日当たりの良い場所から半日陰まで植栽できます。
根をしっかり張れる植栽では、水道管などの近くには植えないほうが良いです。
何年もすると根が水道管などを持ち上げてしまうことがあります。

シマトネリコを観葉植物として鉢植えするなら半日陰が良いです。
シマトネリコは水耕栽培もできるので、お好みで楽しめます。

シマトネリコの肥料

植物は肥料を与えたほうが元気に育ちますが、シマトネリコは肥料を与えなくてもスクスク成長します。
とても生長力が強いため心配しないでくださいね。

シマトネリコの水くれ

水をしっかりあげてください。
細かい葉っぱが茂っているので水を好みます。

水不足になると葉っぱが垂れてきますが、水をあげると元に戻ることがあります。

シマトネリコの剪定

秋に剪定して上げると翌年に、剪定した場所が枝分かれしてきれいな樹形にすることができます。
枝がたくさん出ることによって、より茂った葉になります。

シマトネリコの価格

シマトネリコは大きさと樹形で価格が決まるようです。
フリマサイトやオークションサイトでは数百円で苗を購入することができます。
種も販売されています。

シマトネリコは、夏に花が咲き、冬の間に種が休眠して春に芽が出るのが通常です。
5~6か月程度で20~30センチほどになります。

3号から4号サイズでは1年以内くらいの生育です。
5号から6号サイズでは1年以上は立っていて、冬越しをしていることから比較的、丈夫なシマトネリコと言えます。

シマトネリコの成長度

春に種をまき半年たった状態です。

鉢底から20~30センチです。

1年経過した状態です。

1年以上経過すると、樹形も良くなってきますね。
秋の剪定をすることによって、春に枝分かれしていきます。

2年経過した状態です。

鉢植えで1メートル近くになります。
地植えならもっと成長するでしょう。